高血圧にならないための生活

高血圧は日頃からの塩分の摂り過ぎ・加齢などで引き起こります。薬などで血圧を下げる方法もありますが、血圧を上げないために生活習慣の見直しから始めてみましょう。では、高血圧にならないための秘策をご紹介していきます。

2016年09月の記事一覧

高血圧の安定を促進させる方法

高血圧の予防を促進させて状態を安定させていくためには生活習慣を変化させる必要があります。
血圧と食事というのは大きな関係性を有しているため、食事の仕方や摂取する量、味付けに関して注意する必要性があります。
まず、規則正しく食生活を送ることが重要になります。
具体的には、過度な間食をせず一日に3食をしっかりと食べ腹八分目を意識するということです。
当然、暴飲暴食というのは行ってはいけません。
一日に3食を食べるとは言っても、最適な時間に食べなければ意味がありません。
そのため一般的な朝食と昼食、夕食といったような時間に食べ、毎日同じ時間に摂取する必要があります。
つい満腹まで食べてしまいがちになりますが、腹八分目で抑えておくと動脈硬化や肥満を防ぐことができます。
間食に関しては全く食べてはならないというわけではないものの、塩分の量やカロリーには注意が必要です。
そして、働き盛りの方などはストレスを抱えやすく暴飲暴食で発散するという方も多いのですが、食べることでストレス発散を目論むことは危険性が高いです。
運動など健康的な発散方法に切り替えることが必要になります。
次に、塩分量を気にするということも高血圧の方は習慣化してください。
高血圧を研究する学会が提唱している塩分の摂取量というのは、1日に6グラム未満としています。
ただし、急激に減塩すると食事の度にストレスを抱え込むことになるので、控えることだけに意識を向けるのではなく調理の仕方にも工夫を凝らすことが大切です。
比較的濃い味に感じられる出汁もしくはスパイス、お酢やレモンといった身体に良い食材から得られる成分で味付けを行うと減塩対策を講じていることがわかりません。

続きを読む